<   2009年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

2009年砧公園の桜

ニパポで~す。003.gif

4月上旬、東京の桜は例年より早々と満開でした。

カメラマン、タケウチも家が近いのもあって、毎年一人トボトボ砧公園で桜の下を散策してるようです。
今年は、日曜は込んでそう、というので、月曜日に出かけたと言ってました。
それなりに人出も多く、でも春より暖かい日で既に満開の桜。
「本当に、平和な東京の一日という感じ」といって、嬉しそうに帰ってきました。
本当に一人で行ったのかな?・・・・・・015.gif

来年こそ、世界の景気が戻って、ニパポ、ウィッシュ、エコロと関係者みんなで盛大に花見した~い。
タケウチは、撮影に夢中で、そうゆうの考えないみたいですが、
「つくし、とか桜とか四季のかわいい彩りある植物を撮りたい」といってます。
いずれ、ネットにどんどん出してくるでしょう。

乞うご期待かな・・・・・072.gif072.gif003.gif
e0143240_16362010.jpg
e0143240_16363567.jpg
e0143240_16365218.jpg
e0143240_1637444.jpg
e0143240_16373228.jpg
e0143240_1637472.jpg
e0143240_1638149.jpg
e0143240_16383698.jpg
e0143240_16384830.jpg
e0143240_1639759.jpg
e0143240_16392529.jpg
e0143240_16393718.jpg
e0143240_16395494.jpg


桜の空気感はいいですね・・・
最近、桜の花見も日本在住の外国人にはブームみたいです。
今年も、すぐに熱くなりそう058.gif・・・・・
でも、ずぅ~と春の気分でいましょう。056.gif003.gif
by nipapo | 2009-04-13 16:50 | 撮影レポート

2009年3月末・卒業式記念撮影inフォトニパポ

ニパポで~す。003.gif

2009年3月は、日本中の学校は卒業式なのです。
写真館のフォトニパポも広告、雑誌撮影で忙しく、PRも特にしてないのですが、なにせ、カメラマンがプロ中のプロなので・・・037.gifたまに撮影がありました。

3月吉日、関根家、杉山家二人のかわいいお嬢さん、立教大学、成城大学とニパポと違って一流大学卒業です。    ちなみにタケウチは日大写真科中退、要は高卒です、ニパポは軽率です・・・028.gif

二人とも一緒の高校で学んだ仲良しさんなので、並んで記念撮影ということでした。
これから、いろんなことがあるでしょうが、うらやましいぐらい若いのでいろんな可能性があります。
ニパポも撮影に陰で立ち会えてうれしかったです。

タケウチも写真で食べようと思ったのは、学校を出てからだと言ってました。そっからの修行です。
不景気の時は特に、「手に職を持つのがいい」と誰かが言ってました。

とにかく、卒業おめでとうございます。056.gif056.gif072.gif072.gif072.gif

e0143240_1529212.jpg
ヘアーメイク開始です。
e0143240_15294175.jpg

e0143240_15402485.jpg
着付けに入りました。
e0143240_1541724.jpg
e0143240_15412860.jpg
e0143240_1544921.jpg
e0143240_15445948.jpg

e0143240_1546018.jpg
わんちゃんたちも参加して一緒に撮影。
e0143240_1545359.jpg

e0143240_15461310.jpg

二人の記念すべき楽し~い写真です。

卒業したすべての人、卒業しなかった人も、社会に出たらみんな同じにスタートです、条件が悪い人、少し条件がいい人、少しの違いを感じるでしょうが、幸せの尺度はみんな一緒かもしれません。
卒業生のみなさんのこれからの幸せをニパポはお祈りします。

072.gif072.gif072.gif058.gif
by nipapo | 2009-04-13 16:03 | 写真館

光の館IN新潟

ニパポで~す。003.gif

寒さもすっかり忘れ、もう春です。056.gifうれしいです。
桜も満開を過ぎてしまいました。

先週、カメラマンタケウチはもう社会人として働いている娘のユメコと、ニパポには黙って 「桜を撮影にきたのほうに行ってくる」とかいって、出かけていったのです。
034.gif土産に魚沼産のコシヒカリ、日本酒八海山の原酒などを買ってきてくれました。
うっかり、写真を見せてくれて、そこには桜はまだありません、娘との2ショットとか北のアルプスらしき雪山でした。
「桜なんてないじゃないか」と、問い詰めると、「いや~、娘に言われて、光の館とか言うアート作品を見にいっとった。」とか言うじゃないですか。
そこは、新潟の十日町にあるジェームス・タレルという作家が建てた、部屋の天井が開いて夜の光の変化を感じるアートな空間なんですと。
3年に一度開催される、世界最大の国際芸術際、越後妻有アートトリエンナーレの場所だということです。

風呂もあって、26人ぐらい泊まれるらしい、でも、温泉じゃないし、食事も豪華だけど仕出しでセルフサービス
のようなものです。でも好きなお酒など買って持ち込んでもいいみたいです。
その日は、6人もキャンセルが出て、夜は従業員の人もいないので まったく 十畳以上ある3部屋すべて貸切だったみたいです。
でもあいにくその日は雨で夜空を見ることができなかったみたいです。残念でした。037.gif
e0143240_194797.jpg
芸術作品のボックスの中からのぞいた妻有郷十日町から見る山脈です、まだ雪も残ってますね。
e0143240_1942529.jpg
昼の光の館
e0143240_1944727.jpg

ヒカリファイバーの風呂、真っ暗で瞑想にはぴったりみたいです。
e0143240_195437.jpg
食事は豪華
量は文句なしで、おなかいっぱいだったそうです。
e0143240_1952081.jpg

夜の光の館072.gif
e0143240_1954328.jpg
朝、雨がやんだので天井を空けてみたそうです。
e0143240_196956.jpg

e0143240_1962129.jpg

周りを散策、こんなかわいいつくしたちを見つけたらしいです。

皆さんも、興味があったら是非いってみるといいみたいです。
特に、青葉が実る、5月がいいらしいのです。056.gif056.gif056.gif

もう花粉はぶっ飛ばしましょう。003.gif066.gif
by nipapo | 2009-04-11 19:44 | 野外活動